読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のつぶやき

主婦がブログを書いています。

嫌われる勇気 3話の動画を見逃し視聴する事や感想

嫌われる勇気 3話の動画を見逃し視聴する事や感想

 

 

アドラー心理学を刑事ドラマとしてアレンジしたという、「嫌われる勇気」。

斬新さやキャストの豪華さもあって、毎回、楽しみですよね。

 

 

さて、3話はどういう展開になったのでしょうか。

ここでは、もし見逃してしまった場合についても、あわせて見ていきたいと思います。

 

 

「嫌われる勇気」3話のあらすじ

f:id:rorox:20170219211740j:plain

女子高で数学の先生をしている吉野沙織(上野なつひさん)が殺害されるという事件が発生。

 

 

現場の状況から、いったんは強盗殺人ではないかと推理されていきます。

 

 

が、吉野沙織の死体の第一発見者である仁科恵(高月彩良さん)は、犯人とみられる人物を目撃したのだと言います。

 

 

彼女は、吉野沙織の生徒だったのです。

 

 

庵堂蘭子(香里奈さん)が青山年雄(加藤シゲアキさん)と吉野沙織の勤務先の女子高へと行くと、いろんなことが判明してきました。

 

 

彼女は生徒の信頼が厚かったこと、仁科恵とも関係は良好だったことなど…。

 

 

しかし、その仁科恵は、勉強ができるにもかかわらず、なぜか友人はいなかったようです。

 

 

仁科恵の自宅を訪ねた庵堂蘭子と青山年雄は、母の仁科美子(霧島れいかさん)から、娘に対する屈折した感情を見出すのでした。

 

 

やがて、吉野沙織に関する「三角関係」が浮上しだします。

吉野沙織、三島玲子、その彼氏の3人がトラブルになっていたというのです。

 

 

さらに、吉野沙織による仁科恵への複雑な感情が明らかになっていきます…。

吉野沙織は、自分の教え子の頭脳の優秀さを妬んでいたのです。

 

 

三島玲子やその彼氏との問題も、やはりそうでした。

 

 

三島玲子はハーバード大学を出ており、そのことが彼女の男に手を出す引き金となっていたのです。

 

 

吉野沙織の事件の犯人は、仁科恵ではありませんでした。

彼女の母だったのです!

 

 

娘への愛情が極端になっていき、とうとう吉野沙織を、娘の勉強にいい影響を与えない存在とみなして、殺害してしまったというわけでした。

 

スポンサーリンク
 

 

「嫌われる勇気」3話のみどころ

f:id:rorox:20170219211723p:plain

今回は、信頼されていた先生と、その優秀な生徒との関係が事件にかかわっているということで、実に興味深い内容でしたね。

 

 

「嫌われる勇気」は、単なる刑事ドラマではなく、アドラー心理学に立脚した内容です。

 

 

そのことに着目してみると、3話がただの謎解きではなく、いかに深いかが分かることでしょう。

 

 

もちろん、謎解きをメインに見てみても、それはおなじ。

怪しいと思われていた仁科恵ではなく、その母が犯人だったという意外性。

 

 

これだけでも、かなり楽しめる内容だと思えます。

 

 

いつも心理学ネタで魅せるドラマですが、3話はとりわけ人間心理を巧みに描いていると評価できるのではないでしょうか。

 

 

「嫌われる勇気」3話の動画を見逃し視聴するやり方について

f:id:rorox:20170219211715j:plain

「嫌われる勇気」3話を見逃してしまったら、どうすればいいのかについて、見ていきたいと思います。

 

 

もちろん、最初から見逃さないように気をつけたいところです。

しかし、どうしても見られないということもありますよね…?

 

 

そんな場合は、「フジテレビオンデマンド」を利用してみましょう!

 

 

「フジテレビオンデマンド」は、「嫌われる勇気」などのフジテレビ系のドラマの動画配信サービスになります。

 

 

なかでもおすすめなのが、「FODプレミアム」。

 

 

こちらは、月額がたったの888円で動画が見放題という、うれしいサービスになっています。

 

 

しかも、「FODプレミアム」なら、登録した月は無料にて使用することも可能に…!

ぜひ、「FODプレミアム」にて、「嫌われる勇気」をご覧ください。

 

 

「嫌われる勇気」3話の感想

f:id:rorox:20170219211705j:plain

仁科恵は、吉野沙織の死体の第一発見者です。

 

 

しかも、普段は仲がよかった吉野沙織と、よりによって事件前に口論になってもいました。

 

 

こうしたことや吉野沙織の評判が悪くなかったことから、仁科恵が殺人犯の最有力候補に思われました。

 

 

ところが、ふたを開けてみれば、どうでしょう。

吉野沙織のエリートに対する屈折した思い…。

 

 

仁科恵の母の、自分の娘に対する異常な心理…。

 

 

こういうことが絡み合っていき、最終的には、生徒の母が先生を殺すという、異常な結末になっていったわけですね…。

 

 

とても怖い話である一方、このような展開は、現実にもじゅうぶんあり得そうな感じです。

 

 

それだけに、いっそうドラマとして興味深いといえるかもしれません。

初回だけではなく、ネタバレ後ももう一回は見直してみたい内容ですよね。

 

スポンサーリンク