読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のつぶやき

主婦がブログを書いています。

カルテット 4話の動画を見逃し視聴する事や感想

カルテット 4話の動画を見逃し視聴する事や感想

 

 

ユーモアに富んだセリフや展開が毎回絶えない、「カルテット」。

見るたびに、今回はどういう動きがあるのか、楽しみになりますよね。

 

 

今回明らかにされたのは、家森諭高に関する衝撃の過去なのでした!

いったい、家森諭高に何があったというのでしょうか…?

 

 

「カルテット」4話のあらすじ

f:id:rorox:20170207230628j:plain

軽井沢の別荘を「ゴミ出し騒動」が襲います!

 

 

巻真紀(松たか子さん)、世吹すずめ(満島ひかりさん)、家森諭高(高橋一生さん)らがゴミをためることに、別府司(松田龍平さん)がしびれを切らしたのです。

 

 

それでも、まったくゴミを捨てる気配が見られない、3人。

そこへ、半田温志(Mummy-Dさん)が現れます。

 

 

写真を見せ、写っている女の行方を訊く半田温志に、家森諭高は知らないと答えます。

実は、女の正体は、家森諭高の元嫁の大橋茶馬子(高橋メアリージュンさん)でした。

 

 

彼に既婚歴があり、子供もいて、おまけにかつてはVシネマ俳優だったという、おどろきの過去が発覚!

 

 

3人はビックリし、家森諭高は翌日、大橋茶馬子に会いに行きますが、途中で息子の大橋光太(大江優成さん)を発見し、なかば連れ去るような格好で、別荘へ息子を連れていきました。

 

 

しばらくして、別荘に大橋茶馬子がやって来ます。

家森諭高は大橋茶馬子に復縁しないかと持ち掛けるものの、あえなく却下。

 

 

一方で、大橋茶馬子は、彼が夢を追うことに関しては、いたって寛容なようです。

その後、家森諭高と大橋光太は、ノクターンにて、親子共演を果たすのでした。

 

スポンサーリンク
 

 

「カルテット」4話のみどころ

f:id:rorox:20170205234724j:plain

3話では、世吹すずめの父が詐欺師だったこと、彼女自身もかつて「超能力少女」を演じており、そういった過去の事件のせいで、世間から逃げていることが分かりました。

 

 

これも衝撃でしたが、4話で発覚した家森諭高の過去もすごいですね!

どうみても(元)嫁や息子がいたようには思えない彼だけに、あまりにも意外でした。

 

 

しかし、なぜ過去がVシネマ俳優で、そのことを3人に報告したのか…?(笑)

 

 

宝くじの6000万円、ハムスターがきっかけで大橋茶馬子と結婚など、ツボになりそうなネタもてんこ盛り。

 

 

こういう展開が来るとは思っていなかったので、新鮮な感じさえしますね。

 

 

「カルテット」では「全員嘘つき」という設定ですが、家森諭高は、嘘つきどころか、正直者なのかもしれません(笑)

 

 

「カルテット」4話の動画を見逃し視聴するやり方について

f:id:rorox:20170204015910j:plain

毎回、会話劇がシュールなことで話題のドラマ「カルテット」!

4話も見逃せない展開となりましたね。

 

 

さて、もしも「カルテット」4話を見逃してしまったら…?

それでも、誰が投稿したのか分からない危険な動画を見る必要はありません。

 

 

「TBSオンデマンド」を利用することによって、快適に「カルテット」を再視聴することができます!

 

 

「カルテット」だけではなく、さまざまな番組を見ることが可能です。

 

 

月額900円でドラマを見放題できるという「プレミアム見放題」もありますので、試してみる価値はとても大きいといえるでしょう。

 

 

「カルテット」4話の感想

f:id:rorox:20170204015656j:plain

まさに、家森諭高一色という感じの4話となりました。

カルテットメンバーのなかでもとくに変人として知られているのが彼です。

 

 

すでに離婚、別居しているとはいえ、妻子がいたという事実にはおどろきですが、彼と大橋茶馬子、大橋光太をめぐるエピソードはいいですよね。

 

 

ラストでの家森輸高と大橋光太との親子共演も、なかなか感動的なものでした。

 

 

しかし、大橋茶馬子のネーミングや、元嫁の前で息子をさらうといった行動は、さすが「カルテット」だという感じもします(笑)

 

 

ほかのドラマだったら、なかなかこうは行きませんからね。

 

 

「カルテット」の主人公は巻真紀ですし、彼女と行方不明の夫の巻幹生(宮藤官九郎さん)からも目が離せませんね。

 

 

こちらのほうがどうなっていくのかについても、引き続き、注視していくことにいたしましょう!

 

スポンサーリンク