主婦のつぶやき

主婦がブログを書いています。

嫌われる勇気 4話の動画を見逃し視聴する事や感想

嫌われる勇気 4話の動画を見逃し視聴する事や感想

 

 

香里奈さん主演で贈る、「嫌われる勇気」。

2月2日の放送で4話になりましたね。

 

 

内容は、政治家の死の不審について迫る、というものでした。

 

 

どういうあらすじだったのかや、もし見逃してしまったという方のための、再視聴法について、ご案内していきたいと思います!

 

 

「嫌われる勇気」4話のあらすじ

f:id:rorox:20170205234724j:plain

元大臣である狸穴勝利(山田明郷さん)が死亡し、その葬儀が行われました。

 

 

が、これから出棺という段になって、いきなり登場する、庵堂蘭子(香里奈さん)と青山年雄(加藤シゲアキさん)!

 

 

狸穴勝利の死因を疑う庵堂蘭子に、妻の狸穴治子(朝加真由美さん)は、あくまで病死だといいますが、庵堂蘭子は無視。

 

 

狸穴勝利の死体は火葬を延ばして帝都大学で解剖されることに…。

やがて、狸穴家の医師が警察へと相談をします。

 

 

死亡直後に自分が狸穴勝利の死因を調べようとしたところ、狸穴治子、長男の狸穴寿也(水橋研二さん)、議員秘書の武藤(平野貴大さん)が、そろって反対したのだといいます。

 

 

ますます怪しくなっていく、狸穴勝利の死…。

本当に彼は病死なのか、それとも殺人!?

 

 

次第に、狸穴勝利の後釜をめぐって、狸穴寿也と武藤が狸穴勝利とトラブルになったのでは、という観測が出てきます。

 

 

両方とも地盤を継ごうとしたが、もう一方に決まったので怨恨で殺した?という推理です。

 

 

「レディー・リリー」名義で個展も開いている長女の狸穴さゆり(前田亜季さん)も加えて、狸穴勝利の不審死にかかわった人物が捜査されていきます…。

 

 

事件の真相は…本当に病死でした。

だれも狸穴勝利を殺してはいなかったのです。

 

 

彼が発作を起こしたとき、狸穴さゆりがそばにいましたが、父親のせいで狸穴家に縛られるのを嫌悪していた彼女は、119番を呼べず、父親を見殺しにしたのでした…。

 

 

それを知った家族が、みんなで彼女をかばっていた…というわけでした。

 

スポンサーリンク
 

 

「嫌われる勇気」4話のみどころ

f:id:rorox:20170204015902j:plain

「嫌われる勇気」は、単なる刑事ドラマではなく、同名のベストセラー本とおなじように、アドラー心理学を題材にしています。

 

 

なので、4話でも、心理学が登場します。

 

 

青山年雄から、狸穴寿也は、政治家の跡を継ぐという家の意向を無視すればよかったのか、と問われ、大文字哲人は、そうすればよかったのだ、と答えます。

 

 

でもそれは、自己勝手にやっていけばいい、という意味ではありませんでした。

 

 

自分はあくまで自分のために生きるべきだと、大文字哲人は、アドラー心理学の基礎的なことを繰り返すのでした。

 

 

言うのはかんたんでも、政治家の長男としては、それはかなり困難でしょう。

でも、この事件くらい、「自分らしさ」が強調された事件はありませんでしたよね。

 

 

過去の放送のなかでも、かなり意義深いストーリーだったと言えるでしょう。

 

 

「嫌われる勇気」4話の動画を見逃し視聴するやり方について

f:id:rorox:20170205234801j:plain

「嫌われる勇気」4話をうっかり見逃してしまった…。

そんな方におすすめなのは、「フジテレビオンデマンド」!

 

 

無料動画サイトは、ウイルスの危険など、いろいろと心配ごとも多いものですよね。

その点、フジテレビオンデマンドなら、フジテレビ公式なので、大丈夫!

 

 

安心して、「嫌われる勇気」4話を視聴できます。

でも、まだ他にも利用するメリットはあるのです。

 

 

代表的なものは、「プレミアムコース」というもの。

 

 

「フジテレビID」を使って登録すると、最高で31日も、無料で楽しむことができてしまいます!

 

 

本来なら888円かかる月額登録料が、完全無料に…!

 

 

「嫌われる勇気」をお得に楽しみたいのであれば、フジテレビオンデマンドで決まりですね。

 

 

「嫌われる勇気」4話の感想

f:id:rorox:20170205234745j:plain

まさかの「殺人事件じゃなかった」!

4話は、過去の放送内容と比較しても、かなり意外なオチになりました。

 

 

たまには、こういう展開もいいかもしれませんね。

 

 

妻が犯人でも、長男が犯人でも、長女が犯人でも、秘書が犯人でも、これ以上納得のいくラストには至らなかったでしょう。

 

 

あえて突っ込むとしたら、火葬場行きの霊柩車を解剖室へと向かわせるシーン。

庵堂蘭子だから許される(?)ことですよね(笑)

 

 

しかし、相手が政治家なので、いくら彼女とはいえ、さすがに怖いもの知らず過ぎであるような気が…。

 

 

これこそ、究極の「嫌われる勇気」なのかもしれません(笑)

 

スポンサーリンク