読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主婦のつぶやき

主婦がブログを書いています。

A LIFE 3話の動画を見逃し視聴する事や感想

A LIFE 動画を見逃し視聴する事や感想

A LIFE 3話の動画を見逃し視聴する事や感想

 

 

今期のドラマとしては、視聴率で断然上位に位置する「A LIFE~愛しき人~」。

さすが、木村拓哉さん主演の力は大きいですね。

 

 

キャストだけではなく、ストーリーも魅力的ですけどね。

今回は、3話のあらすじと見逃し対策について見ていきたいと思います。

 

 

「A LIFE~愛しき人~」3話のあらすじ

f:id:rorox:20170219211740j:plain

檀上深冬(竹内結子さん)は、小児外科の指導医をめざしていました。

 

 

彼女は檀上記念病院の院長の檀上虎之介(柄本明さん)の娘であり、副院長の檀上壮大(浅野忠信さん)の嫁でもあるため、自分自身のためだけではなく、病院のことも考えてのことでした。

 

 

そんななか、小児外科へと腹痛に困る女の子・成田友梨佳(石井心咲さん)がやって来ます。

 

 

母の成田美保(紺野まひるさん)は、心因性というほかの病院での診断に疑問を抱えていました。

 

 

檀上深冬は沖田一光(木村拓哉さん)とともに、成田友梨佳を手術することにしました。

 

 

しかし、ここで思いもよらぬ問題が発生してしまいます。

 

 

なんと、成田友梨佳に心因性だと告げた医師というのが、こともあろうに小児外科治療学会の幹部・蒲生(越村公一さん)だったのです。

 

 

これを受けて、檀上虎之介は、自分の娘に対して、手術をやめるように言います。

蒲生にたてつけば、めざしている小児外科の指導医をあきらめなければならない…。

 

 

成田友梨佳を別の病院へ回そうとしたところ、沖田一光はそれなら檀上記念病院を辞めると言い出します。

 

 

ここから、沖田一光と檀上壮大との意見が対立していきます。

沖田一光は仕方なく、蒲生とは関係がないような小児科を探し始めます。

 

 

その後、檀上壮大は、沖田一光に折れ、檀上深冬を関わらせないかたちで成田友梨佳の手術をするよう、要請しました。

 

 

が、檀上深冬も結局、沖田一光とともに手術に参加するということに。

檀上虎之介は怒って手術室へやって来ますが、蒲生のミスだと分かって去ります。

 

 

そして、蒲生にミスを認めさせたうえで、檀上深冬の件で頼みごとをするのでした。

 

スポンサーリンク
 

 

「A LIFE~愛しき人~」3話のみどころ

f:id:rorox:20170219211723p:plain

ドラマですから、結局最後は成田友梨佳の手術も済み、うまく話が行きました。

でも、それに至るまでの過程はかなり大変ですよね。

 

 

子供の命を救おうとしているだけなのに、蒲生の権威への遠慮から、沖田一光にかかる圧力…。

 

 

それでも手術に踏み切った沖田一光も立派ですが、檀上深冬も英断でした。

自身の認定医の問題も関わっていましたからね。

 

 

なかなか決断に至ることはむずかしかったでしょう。

 

 

しかも、最後には蒲生のミスだったと、本人に認めさせるという、痛快なオチになりました。

 

 

やはり医療ドラマは勧善懲悪タイプでないとだめですよね。

それにしても、檀上壮大はパッとしませんけどね(笑)

 

 

「A LIFE~愛しき人~」3話の動画を見逃し視聴するやり方について

f:id:rorox:20170219211654j:plain

ここからは、「A LIFE~愛しき人~」3話を見逃してしまった場合について、チェックしていきます。

 

 

違法動画を視聴するようなことは、何とか避けたいものですよね?

かといって、DVD発売まで待たないといけないなんていうのも、困ったことでしょう。

 

 

そこで、おすすめしたいのは、「U-NEXT」です。

「U-NEXT」であれば、適法にいつでもどこでも動画を見放題!

 

 

「A LIFE~愛しき人~」のほかにも、見られるドラマが盛りだくさんとなっています。

 

 

おまけに、今なら「無料トライアル」で、最大で1ヶ月も無料にて視聴することも可能なのです。

 

 

まだ試していないという方は、ぜひアクセスしてみてはいかがでしょうか。

 

 

「A LIFE~愛しき人~」3話の感想

f:id:rorox:20170219211503j:plain

医者の世界もいろいろドロドロしているみたいで、大変そうだということがよく分かります。

 

 

それが「A LIFE~愛しき人~」のひとつのメリットだといえるでしょう。

 

 

どこの世界でもこういう問題はあるのでしょうが、人の命よりも大物医師の権威が重視されるようなことはあってはいけませんよね。

 

 

沖田一光のような医師だからこそ、物おじしないで執刀しましたが、普通だったらなかなかできません。

 

 

成田友梨佳も檀上記念病院に入院することができて、運がよかったですよね。

現実の医療界でもこういう問題がなくなることに期待したいと思います。

 

スポンサーリンク